2007.4.7-8 上天草市
<4月1日受付開始>
事務局
島田 等しまだ小児科
熊本県上天草市大矢野町登立191
FAX 0964-56-0115
目 的
  学会の規模が大きくなり、会員でも各々の検討会・勉強会・ネットワークの活動が見え難くなってきています。また、興味があり参加しようにも、どうす れば良いかも判らない、また参加出来るかも判らないという声を聞きます。その為に、検討会などの会と会員を結びつけるために計画しました。また学会 内部には活動の場はないが、学会と密接な関係がある会も同様と考えて計画しました。興味のある会を見いだし、ご参加いただければ幸いです。 日頃、興味はあるが、参加するまでには至っていない会へ、この機会に思い切って「飛び込んで」みませんか、夫々のグループ(検討会・勉強会)で趣向を凝らして、皆様を歓迎されると思います。会の内容に関しては、皆様方へのご案内(活動・お誘い)が主になりますが、形式は様々です。また各分野での開催されている会への参加は、外来小児科の楽しい活動のひとつです、初めての方も「興味の扉」を開けてみませんか。
Collaboration-Seminarには、二つのタイプがあります。
1. 学会内の活動の紹介と会員とのコラボレーションのため
2. 学会外部とのコラボレーションのため (活動の中心は学会外であるが、活躍している会会員がいる会)。
会の様式
  各会の担当者にお任せしています。従いまして、セミナー形式でも、誤解がありますがWS「形式」でも、講演会形式もありです。時間は、3時間(2時間45分)です。
開催時間枠
  25日(土)・26日(日)とも、午前9時〜12時(11時45分)の開催です。
開催予定
  予定会場は、今後変更となる可能性もあります。
各会場で予定人数の設定はありますが、原則としてC-Sへの参加に関しては前登録はありません。セミナー紹介文が届き次第掲載致しま す。
CS 会合名 予定会場
CS-102
九州大学小児医療施設(小児医療センター)の紹介
−子どもに優しい医療施設とは−
担 当:濱野 良彦

九大病院小児医療センターは、昨年度のグッド・デザイン賞を獲得しました。受賞の概要は『このセンターは「森のお医者さん」というコンセプトで病院と絵本が一体化したような新しい表現を展開している患者に優しい病院である』 と評され、さらに『病院という機能が優先されがちな場所に徹底して子どもの立場に立つことで、あたたかさや、楽しさを持ち込んだ。壁、サインなどを絵本と結びつけることによって、看護婦さんと、子供との新しいコミュニケーションの可能性も切り開いた』 と賞賛されています。役立つCSです。
演劇ホール
CS-103
「小児科医と絵本」の会
小児科医が見つけた えほん エホン 絵本
担 当:佐々木 邦明

小児科医の絵本への熱い気持ちをもっとたくさんの人に伝えたい。そんな気持ちで「小児科医が見つけた えほん エホン 絵本」という本を作りました。今回のセミナーは絵本作家やブックスタートのスタッフの方々とご一緒に、本に込めた気持ちを体験していただく企画です。絵本は一度に伝えられることや、伝えることのできる相手の数が限られています。だからこそ、読み合う親子の間にマスメディアとは異なる親密な時間が訪れます。皆さんの待合室が絵本ワールドの扉になることを願っています。
大会議室
CS-104
園・学校保健勉強会
ホームページ
“園・学校保健”を見直す時代  
- 今、いかに動くか!
担 当:町田 孝
代 表:小川 實

我が国は100年来、先輩医師たちの不断の努力によって世界に類をみない学校保健体制を確立してきた。しかしながら現代の子どもたちは、大人社会の歪みの中で(いじめ・不登校・こころの問題などに囲まれ)、「学校で楽しく学ぶ」という本来の姿を見失い悲鳴をあげている。世間は再生や再構築を強調するが、最も必要なのは「学校医の質を向上させる」ことではないか。学校保健に携わる、あるいはこれから取り組もうとする会員の皆様、「今、いかに動くか!」。ぜひ当CSへ御参集ください。
音楽リハーサル室
CS-105
国際交流活動委員会・教育検討委員会
国)ホームページ教)ホームページ
国際学会・セミナーに参加してみませんか ―PASミーティングとアロハセミナーのご紹介―
国)委員長:関口 進一郎
教)委員長:田原 卓浩

米国には、小児科に関連する複数の学会が合同で開催する年次集会(Pediatric Academic Societies’ Meeting)があります。一方、ハワイ大学医学部の医学教育部門は、日本の医師が米国の医療に関して学ぶことのできるセミナーを、毎年6月に開催しています。数年来、これらの学会やセミナーに参加してきたメンバーが、自身の刺激的な学習体験をご紹介して、皆さまのご参加をお誘いします。
演劇ハーサル室
CS-106
リーフレット検討会
ホームページ
リーフレット作成のヒント集 
―効果的なリーフレットの作り方教えます―
代 表:太田 文夫

小児科で求められるリーフレットとはどのようなものなのでしょうか。私たちは保護者や子どもたちに伝えたいことを、多くの人の意見を取り入れ、内容の確かさ、適切な言葉遣いなど、様々な角度から吟味を重ねて作っています。今回はその作成過程(原稿作成、内容校閲など)を実演します。新テーマがあれば、あなたの提案したリーフレットの作成も可能です。他のリーフレットと同様に、発売に結びつけることが出来ればヒット作品が生まれるかもしれません。リーフレットがどうやって出来上がっていくのかを一緒に体験してみませんか。
中会議室
CS-107
質的研究方法検討会
ホームページ
質的研究への招待
担 当:黒木 春郎
代 表:五十嵐 正紘

質的研究とは数量化されない質的なデータ(経験、感情など)に基づき行う研究の総称です。社会的相互関係の場である医療分野で注目されています。本検討会では、プライマリ・ケアにおける医師患者関係、外来診療での医療事故、育児の世代間継承などを討議し、医療人類学、臨床心理学などの専門家を招いた講義も行なってきました。今回のCSでは私たちの日常診療からの課題から、この質的研究方法の可能性を紹介したいと思います。
第1練習室
CS-108
調査研究方法検討会
ホームページ
拡大調査研究方法検討会
担 当:杉村 徹
代 表:伊藤 雄平

調査研究方法検討会はリサーチ委員会に属し、年3回開催しております。会員みなさんのリサーチ活動のお手伝いをしております。今回、誰でも参加できる拡大調査研究方法検討会を開催致します。どんな事をしているのか知ってもらい、リサーチを、より身近に感じてもらえれば幸いです。ふとした疑問が、新しい発見や研究への第一歩です。一般の学会発表と違い、素朴な疑問を自由に質問、検討できる会です。気楽に聞きにきて下さい。
第3練習室
CS 会合名 予定会場
CS-202
家族の会との連携
病気の子どもたちの“家族の会”と
医療関係者の連携
担 当:峯 真人、藤野 浩

病気のために障害が残ってしまったり、不幸にして命を落とすことになってしまった子どもたちにとって、一番大切で必要である家族の方たちの思いはどのようなものなのか。その思いに至った心理的背景はどこにあるのか。多くの医療関係者に彼らの気持ちや思いに気づいてもらうには、家族の方からのお話が何物にも勝る術である。本セミナーを子どもと家族への愛と医療への思いを共有し、共感する場としたい。
演劇ホール
CS-203
タバコ問題検討会
ホームページ
子どもたち をタバコから守る
担 当:野田 隆
代 表:村上 直樹

子どもは、タバコの最大の被害者であり、その子どもを守るためにどうすればよいかを、タバコ問題研究会は実践を通して考えてきました。その経験から、禁煙支援の第1人者の高橋裕子さんをはじめとする本会のメンバーが、医師の声かけとか、禁煙資料CDより自前の禁煙資料を作るには?とか看護師・薬剤師の出来る禁煙支援は?など、まだ始めていない人でも今日から出来る、始めている人は明日からもっとうまく出来る禁煙支援を話します。
大会議室
CS-204
歯科医グループ(食の文化)
「食べる」から育つこころと身体
担 当:村上 直樹、濱野 良彦、佐々木 洋

小児医療職が取り組む「食育」の再考の手がかりを模索するために企画しました。栄養学からの検証はもちろん、食べる機能の発達や感覚生理から食行動・食産業・食文化までの「おいしさ」の背景、あるいは「食べる」からみた成育環境の変遷など、「食べる」の多面性を知るセミナーです。「食べる」から何が育つのかがポイントです。「身体(健康)によいバランスのとれた食習慣を育てる」の発想から、子どもの視点で捉える「『食べる』から育つこころと身体」へ「食育」のパラダイムを拡げていきましょう。
音楽リハーサル室
CS-205
学会誌編集委員会・リサーチ委員会
学)ホームページリ)ホームページ
論文のつづり方「まだ論文を書いたことがない人のために」
学)委員長:黒木 春郎
リ)委員長:伊藤 雄平

ちょっと興味を持ったこと、疑問に思ったことを調査研究してみたいけれどどのようにしたらよいのかわからない、あるいは学会発表まではしたけれどなかなか論文にするのは難しいと思われている人も多いのではないでしょうか。文章に残すということは、より多くの人に知ってもらうことになりますし、ご自身にとっても日記や昔とった写真のようにとてもよい思い出になることと思います。このC−Sでは今まで論文を書いたことがない方のために、調査のしかた、まとめ方から論文の書き方までを一からご教示し、どのようにまとめたらよいかをみんなで考えていきます。特にコメディカルの方を歓迎いたします。さあ、あなた自身の作品を作ってみませんか。

「CS-205論文のつづり方」に参加予定の方へ
このCSは今まで論文を書いたことがない人のために、調査のしかた、まとめ方から論文の書き方まで一からご教示し、みんなで考えていこうといものです。そこで事前に、こういったものを研究してみたい発表してみたいという題材がありましたら募集受付いたします。ご希望の方は下記までご連絡いただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

山口県周南市 かわむら小児科  河村一郎 
メールアドレス:kawa-shoni@mx5.tiki.ne.jp
演劇リハーサル室
CS-206
教育検討会
ホームページ
診察技法をもう一度考えよう
(人の振り見て我が振りなおせ)
担 当:藤田 位
代 表:田原 卓浩

あなたは今の診察技法に満足ですか?
自分の診察場面をビデオに撮る、そして仲間と見せ合い討論をする、それだけで診察は変わります。確実に変わります。正しい診察技法を医学生に教育するために始めた教育検討会のWS「人の振り見て我が振りなおせ」は、実は医師自身にとっての教育の場であったのです。医学生や研修医の指導に当たっていなくったってかまいません。診療の達人になりたいと望んでいるあなた、一度そんなWSの一端を覗いてみませんか?
中会議室
CS-207
赤ちゃん成育ネットワーク
どうすればいい?ハイリスク新生児のフォローアップ
担 当:金原 洋治、江原 伯陽

ハイリスク新生児や障害がある新生児が退院すると、家族にとって不安に満ちた生活が始まる。NICUがある病院もフォローアップ体制を整備しているが、すべてを病院では支えきれないので、地域の医療、保健、福祉サービスの力が必要である。一方、開業医は、地域の保健、福祉、教育などと連携が取りやすいが、最新の新生児医療情報に疎いし、NICUとの連携も十分ではない。このCSは、新生児科医や家族の声を聞き、開業医の役割の学びの場としたい。
第1練習室
CS-208
診療ガイドライン作成検討会
ホームページ
明日から役立つEBM−ガイドラインを使いこなすために
代 表:伊藤 純子

ガイドラインって従わないといけないもの、だと思っていませんか?「診療ガイドライン」は「判断に迷うとき、助けになる情報」で、70-90%でうまく行けばよいという考えで作られています。診療ガイドライン作成検討会は、「アレルギーの予防」など自分たちが興味をもっている具体例にそって、ガイドラインの根拠となっているデーターを検討し、その有用性と限界を明らかにする活動を続けてきました。相手を知れば怖くない、ガイドラインに振り回されない使いこなし法、お知らせします。
第3練習室
予防接種システム検討会のCSは、ランチョンセミナーLS-206「Hib感染症の現状とHibワクチン導入後の課題」での開催となりました。
Copyright 2006, SAGPJ Annual Meeting 2007, KUMAMOTO. All Rights Reserved.