2007.4.7-8 上天草市
<4月1日受付開始>
事務局
島田 等しまだ小児科
熊本県上天草市大矢野町登立191
FAX 0964-56-0115
Work Shop(WS)も継続して開催する事により、参加メンバーも固定化され、その方向性が出てきます。そこで第17回年次集会では、過去数年間継続して同じテーマ・メンバーで開催されて、比較的方向性が出て来たと思われるWSを、Special Interest Group (SIG・シグ)と呼称し、次のステップへ導くお手伝いのために「WSからSIGへ」を提唱します。すなわち、この数年継続して開催されていて、次のステップへ進めそうなWSをSIG移行の対象とし、リーダー予定者の皆様へ第17回年次集会においてはWSではなくSIGへのエントリーをお願いすることにしました。
SIGでは、今後の活動の「仲間を集める」という側面を持っていますので、参加制限は設けません。
これまでも、多くの、WSから発展した会がこの学会内で活動しています。このように、WSからSIGへ、さらに検討会へと、今後も本会のエネルギー源である会員の皆様ご自身が「トルネード」を出現させ、活発な活動の一つの中心となられる事を期待します。
SIG-
101・M
15:00〜18:00 大会議室(地階)
乳幼児健診を考えよう
代表: 平岩 幹男 (office21kitatoda)

乳幼児健診は疾患や障害の発見が中心であった時代から、子育て支援の一環としての時代に変化してきています。また発達障害に対する5歳児健診の必要性が叫ばれるなど内容も変わりつつあります。多くの小児科医が外来診療の一部としてかかわっている乳幼児健診について、今後の可能性や連携も含めて話し合い、理解を深める場ができればと考えています。
SIG-
102・R
15:00〜18:00 中会議室(2階・Red Zone)
「小児プライマリ・ケアにおける保護者の意志決定プロセス」を質的研究で明らかにする
代表: 黒木 春郎 (外房こどもクリニック)

医療行為は、医師の治療方針と患者の意志決定によって構成されている。小児のプライアリ・ケアの現場でも、保護者が医師の説明を充分理解・納得した上で意志決定することが重要である。しかしこのプロセスを明らかにした研究は少ない。質的研究手法は事象のプロセスの解析に有効である。本WSでは、質的研究手法を用いて小児プライアリ・ケアの現場における保護者の意志決定プロセスを検討する。
【参考】
1. WSから派生して活動している会 (順不同)
ワクチン研究検討会、予防接種システム検討会、事故予防検討会、園・学校保健勉強会、電子カルテ検討会、リフレッシュコース(休業小児科医のための再研修プログラム)、医学生・研修医ネットワーク、院内報ネットワーク、タバコ問題検討会
2. 日本外来小児科学会の正式の組織として活動するにはいずれの目的にせよ、学会名を使用し学会内外で活動する場合には総務へ届けを提出し許可を取るものとする。「学会有志」「ワーキンググループ」など学会の名前に付記する場合も同様である。
Copyright 2006, SAGPJ Annual Meeting 2007, KUMAMOTO. All Rights Reserved.