2007.4.7-8 上天草市
<4月1日受付開始>
事務局
島田 等しまだ小児科
熊本県上天草市大矢野町登立191
FAX 0964-56-0115
第17回日本外来小児科学会年次集会事務局 島田 等 (しまだ小児科事務長)
【「がいらいしょうにか」ってなに?】
 二つの特徴
日本外来小児科学会は、子ども達を健康な大人に成育するため、未来・現在の子どもを対象とした研究から明日の診療に役に立つ工夫やアイデアまで、外来で行われている行為、外来での問題、外来での疑問、外来での解決法を持ち寄り、エネルギー溢れるパワフルな小児科医・コメディカルが集まりホットな討論をしていることが特徴(特徴 #1)である学会です。そして他の学会ではあまり見られないコメディカルの参加、コメディカル向けのプログラムの存在、学会活動への参加も、大きな特徴(特徴 #2)です。
本学会では、創立時から、○○先生という呼称を使っていません。これは、設立当初よりコメディカル(看護師、薬剤士、事務員、保育士など)を意識しコメディカルと共に本学会の活動をやっていこうという意思表示であると考えています。
 コメディカルの口演発表やワークショップ
実際に過去のプログラムを見てみましょう。多くのコメディカルが、 発表や研究活動をしていることがわかります。
そこで院長先生へお願いです。皆様の施設のスタッフを年次集会や地方 会に参加させてください。そうしていだだけたら、自分と同じ職種の人 が、自分と同じ業務をしながら、自分と同じ悩みや疑問を持ち、それを 解決しようと調査や研究をしている、という事実に先生のクリニックの スタッフの皆様方は驚かれることでしょう。そして学会の講演を聴き、 ワークショップ(少人数のテーマ別討論会)に参加して (初めての場合は多少「おそるおそる」でしょう)充実した二日間 を過ごした後には(地方会は一日です)、「ガッテ ン!」と、疑問や悩みを解決するアイデアを得て、目を輝かせて クリニックに出勤される事でしょう。それからは、先生のクリニックに おいて学会で得た「ガッテン」を活かし、生き生きとして勤務されると 思います。
 Next Step !
さらに、「自分も何か日本中の子ども達のために役に立つことが出来 るのではないか」、「自分達が何気なくやっている工夫やアイデアを発 表したらどうか」、「一般演題で発表してみよう」、「この疑問や悩み に対して、全国の小児科の同じ職種の皆さんはどう対処しているのだろ う。それを知るためにワークショップを開いて、同じ疑問や悩みを持つ 同士で考えてみよう」、とスタッフの方々も考え始めるかもしれませ ん。そうなれば、先生のクリニックは今まで以上に、問題意識を持った 生き生きとしたスタッフによって、ますます輝くのではないでしょうか。
まずは、ぜひスタッフの皆様を日本外来小児科学会へ参加させてくだ さい。
 スタッフ皆様の学会参加記
第16回日本外来小児科学会年次集会(2006年・横浜 市)に参加されたスタッフ(複数のクリニックです) の参加記を了解を得て掲載いたします。これらは、主に院内報で、患者 さん向けに書かれたものです。ご一読ください。
また皆さんのクリニック・病院でも、スタッフの学会参加記や感想、あ るいは「学会に参加してスタッフが変わった」などのご意見・ご感想が ありましたら、第17回年次集会事務局にお知らせください。
 第17回年次集会スタッフの学会参加記(2007.9.1更新):
 実行委員のスタッフ協力のメンバーからの感想記です。

最初は、会場の熊本県立劇場が、どんな感じに変身し、どんな学会になるのか、雰囲気さえもつかめず、自分の担当の仕事ができるか心配しましたが、たくさんのスタッフの方の協力もあり、私の心配などすぐになくなり、楽しくお手伝いができました!だだ、場所を聞かれる事が多く、パッと答えれる事が難しかったです。もう少し、いろんな所を自分の足で見ていたら、的確に返答できたのでは!と反省します。
2日間、演劇ホールの中だったので、色々な講演が聞け、日頃の自分の動きを、見なおす事ができました!(トレナージ、入院中の母や子供の心理…など)今後、今の気持ちを忘れず、患者さんと接していきたいと思います!
【看護師】

今回の学会で他の病院の展示物などを見て、色々工夫してあるなと思いました。特にぽよぽよクリニックの風船は可愛くて、姪っ子にあげたら喜んでくれたので、患者さんも喜んでくれるんじゃないかなと思いました。真似できる事は真似していきたいと思いました。
【事 務】

今回は病院のオープンクリニックのお手伝いをさせてもらいました。見学に来られた方達の話を聞いてびっくりする事ばかりでした。これから先いいところは参考にしていきたいと思います。
【事 務】

昨年学会に参加させていただいたにもかかわらず スタッフの動きを把握していなかったために今回何も出来ず申し訳ありませんでした。
【看護師】

先生、3日間本当にお疲れさまでした。3日間とも先生方をはじめスタッフのみなさん方が常に走り回っておられた印象が目に焼き付いて今も離れません。私なんかは、ほとんど手探りな状態で当日を迎え事前の説明会に参加してはいたものの不安一杯でした。任せられた仕事をちゃんと出来るだろうか… 本当に緊張の連続の 3日間でした。先生方の学会成功へ向けての意気込みを間近で感じ、益々失敗のないように、どうか無事に盛会に終われますようにとおおげさかもしれませんが、祈る 3日間だった気がします。スタッフの Tシャツを着ているというだけで、いろいろと尋ねられました。その場に自分ひとりなんだと思えば道を尋ねられてもテキパキと教えることが出来、 WSで『先に送っておいた荷物届いてますか?』と始まる 15分前にリーダーの方に聞かれて、慌てて北野先生に連絡をとり、どうにか間に合った事など… とにかく無事に終わって良かったなぁと今は思っています。今回の学会は迎える側の立場で先生も気を使われたと思います。本当にお疲れさまでした。

お迎えした気持ちとしては、全国からお越しになられた皆様方が、熊本での外来小児科学会を心から楽しんで頂けたのなら、本当に嬉しく思います。スタッフの一員として少なからずそのお手伝いが出来た事は自分自身を成長させる意味でも、本当に良かったと思います。
【事 務】

学会のお手伝いをしながらの拝聴でしたが、電子カルテの御講演等、興味深いものがあり勉強になりました。特に細川前総理大臣夫人の障害者への差別や偏見のない社会づくりの御講演がすばらしく、感動させられました。控え室では夫人の裏話も色いろ伺うことができ、スタッフならではの楽しみもありました。また会場の熊本県立劇場自体が入り組んだ構造になっていましたが、部屋誘導は充分でき良かったとおもいます。皆様お疲れさまでした。
【事 務】

昨年より、外来小児科学会に参加させていただきありがとうございます。学会に参加するごとに学びとなることがたくさんあり、参加して本当に良かったと思います。
  今年は主に学会のお手伝いをさせていただきましたが、これだけの大きな学会をスムーズに運行するために、たくさんの人たちが協力し、何ヶ月も前から準備をし、そして当日は心をひとつにして動いていたことが印象的でした。また、それは今年の学会に限らず、これまでの学会でも、そしてこれからの学会も主催する各都道府県の外来小児科学会に属する小児科外来のスタッフが同じように会をスムーズに運んでいくために、陰でたくさんの準備と努力をしていることを忘れてはいけないということ、学会に参加するときには学びを求めるだけでなく陰で働く方たちへの感謝の気持ちも忘れてはいけないということに気づくことができました。
  お手伝いをさせていただきながら、担当の場所での講演を聞きひとつ気づかされたのは、当院で食の指導(食育)がされていないということでした。食育については以前から興味を持っていたのですが、食育指導がされている小児科外来があると聞き、いま現在、食の大切さが見直されているなか、幼稚園や保育園、小学校に限らず、子供が多く集まる小児科外来で食の指導をするということは、小さいうちからの食習慣を見直す、子供にとっても親にとってもとてもいい機会を与える場になるのではないかと思いました。食育の指導をしてみたいとお話させていただきましたが、先生が「アレルギーのお子さんの食事指導を考えている」と仰ったのを聞いて、単なる食の指導に限らず、アレルギーをもつお子さんの食事指導、そして下痢や嘔吐のあるお子さんの食事の指導をもっと詳しく、わかりやすく指導していけるようになれたらと思いました。栄養士、とくに管理栄養士が詳しいとは思うのですが、現場での経験や知識を生かした、自分にしかできない、特に母親の立場にたった指導ができたらと強く思います。
  勤務させていただき、1 年8ヶ月になります。これまでもたくさんの大切なことを学ばせていただきました。しかし、今まで以上に自分自身の小児科外来での経験を豊富にしていくためにも今回、新たな目標を見出せたことは、とても良かったと感じています。今まで得た知識や経験、先生方にご指導いただいたことを踏み台に、今の気持ちを忘れることなく、一歩一歩進んでいきたいと思います。
  学会に参加させていただいたこと、スタッフとしてお手伝いをさせていただいたことに心から感謝いたします。ありがとうございました。
【看護師】

今回学会に参加させていただき、去年は参加する側でしたが、今年は案内などをするということで、大変緊張をしました。
学会が始まって困ったことは道案内でした。なかなか上手く説明出来ず、自分自身一緒に行って案内したり、聴きに行ったりしました。また、コンビニのことや御飯の食べる場所など周りのことも知る必要があったと反省しました。
26日には演劇ホールを担当させていただき、『家族の会』があることを知りました。細菌性髄膜炎の恐ろしさを改めて知り、またワクチンがあるにもかかわらず日本ではなぜワクチンをしないのかを考えさせられました。私は前の病棟で一人だけ障害が残った方を見たことがあり、その時の家族の方を思い出しました。講演した方と同じように『なにがおこなわれているのか?なぜこんなことになるのか?』など言われていたことを思いだし、その時にどんな処置しているのかなど答えてあげれなかったと思いました。医療者側としてしてあげれることは、その時の説明や家族の不安をどう取り除くかによって変わってくるのだと感じました。また亡くなった後、医療で使っていた物がその子の思い出になることを知りました。カルテやチャーブを固定するテープ(絵を書いて貼っていました)など家族の方の知り得なかった情報を提供することも医療者が出来ることだと感じることが出来ました。
今回の学会に参加させていただき、自分は来て下さる患者様に医療者として何が出来るかを考えさせられました。『いつもと違う』と言う家族の方の言葉をきちんと取り入れ観察していく能力を身につける必要があると感じました。
【看護師】

学会 3日間を振り返って
小児救急医療は Wondering な世界!と病気の子供たちの“家族の会”と医療関係者の連携を聞けたことが大変ためになりました。最初の診断と最終的にわかったことの差異があることを症例で話され、先入観は強すぎるといつも見ている患者さん程油断がでてくるとの言葉に納得させられました。クリニックでも問診も直接診察室呼び込むよりも、問診、診察と 2回にわけると見逃しがなくて良いように思えました。細菌性髄膜炎でなくしたかの話を実際に聞きけばワクチン定期接種の必要性をしっかりと認識できましたが、聞いた後でも「なぜワクチン接種できないの?」と頭がよぎりました。子育て支援の名目で託児所を増やすのもワクチンとセットでやって欲しいと思います。参加することで見識が増え合間で聞けて本当に良かったと思います。
【事 務】

【スタッフの学会参加印象記】
※学会に「お手伝い」スタッフとして参加して(第16回年次集会に参加して)
「学会」という手の届かない世界のお手伝いをするチャンスを頂き、とても 感動的な一日でした。最初は「花の受付嬢」気分でいましたが、あまりの盛大さと予想外の忙しさに圧倒されるうちに終わってしまいました。 一生のうち何人の方と言葉を交わすことが出来るだろうかと今思うと、二度と会うことのない先生方やスタッフの方々と少しでも触れ合うこと ができ、やはり楽しかったとしか言葉が見つかりません。
「難病患者の会」の方のお話を聞いて、自分の視野の狭さに焦りも感じました。「こういう病気があると知っていただけるだけで…」とおっしゃる親御さんの言葉にパンフレットを頂き、お辞儀をして離れましたが、何かスッキリしない気持ちです。(中略)貴重な体験をさせていただいて感謝しています。
何事も初めての体験には緊張と期待がつきものですが、今回は「学会のお手伝い」でしたので緊張ばかりが先にたちました。ところが結果は思いがけず自分の貴重な体験になったのでした。それは先生が、せっかくだからと見学の時間を下さったおかげです。
私達はパネル展示の会場を見学できたのですが、そこはまるで文化祭の様な熱気で(こういう感想はとても失礼ではあるのですが)、この日の為にたくさんの歳月を費やした結果がずらっと並んでいました。子ども達の病気の事、子ども達がどうしたら楽しく診察 が受けられるか、医院の特色をどう表現するか等々の研究で写真や文章がたくさん展示されています。(中略)全国各地からの院内 報もたくさん貼り出されていました。他にも難病と向き合う親御さんたちのコーナーや児童虐待、小児科医の過労死等。
こんなにたくさんの大人達が子どものことを考えているのですね。改めて子ども達の命の尊さを認識しました。そしてまた全国から集まった先生方やスタッフの、地元の先生方の楽しそうな笑顔。普段はなかなか目にすることができないお顔です。事務員として働いていたおかげでとても有意義な一日を体験でき、また子を持つ親としてあんなにたくさんの熱心な先生方を目の当たりに出来た事は、それはとても大きな安心感でした。何であれ初めての体験は機会があればしてみるものですね。
みなとみらいパシフィコの受付ということで始めは緊張しましたが、その中で、(*年次集会の実行委員の)スタッフの先生方が皆アロハシャツを着て、忙しく各分担をこなしていらっしゃる姿が楽しそうで、徐々に緊張がほぐれました。
展示ポスター演題においては、「インフルエンザの治療にあたって漢方服用とタミフル服用した場合の治療の結果」、「親以外の付き添いでの受診時のトラブル調査」等、興味の湧く演題が多くありました。ゆっくり観てみたかったと思います。
公開シンポジウムの中では、作家の鈴木光司さん(りんぐ・ら せん等の著者) の話を聴くことが出来ました。笑いも含めての実生活の話に引き込まれ、あっという間の一時間でした。その中で、「子どもを怒る事によって、子どもの心は固まる。叱ると言われても怒ってしまう事がある。ただ、その後、その固まった心をほぐしてあげず、そのまま凝り固まった状態にしたまま成長するから問題なのだ」という話がありました。怒ってしまった後の対処方法まで聞きたかったですが、逆に問題提起されたように、その後、心をほぐす為には?と考えています。子育ての中で時々、立ち止まって考えなければならない事の一つとなりました。 良い経験をさせて頂いて、ありがとうございました。
「学会」という今迄の私とは到底縁のなかったイベントに受付という形で参加させて頂く事になった。
(*学会の)イメージは重厚で物静か…未知の世界という事もあり、少々緊張の面持ちで行った所、スタッフはアロハシャツという出で立ちも手伝ってか明るい賑やかな雰囲気。イベントも 2日目という事もあり、受付もそれほど混乱する事もなく、先生方も和気あいあい(前日の懇親会が相当盛り上がったとか…!?)
楽しい経験となりました。
患者の会、ポスター展示、講演の傍聴等、貴重な体験になりましたが、一番印象に残ったのは……先生のアロハ姿でしょう〜!!
※一般参加して
すてきなあなたになるために 〜心を開き心を結ぶ人間関係づくり〜
鳥取大学医学部教育支援室でコミュニケーションを教えている高塚人志さんのワークショップ。
「下を向いて[お大事にー]なんて言ったことあるなー。心から言葉を発してなかったなぁ、と反省です。相手(患者さん、親御さん、職場のみんな、家族)への思いやりがどんなに大事かを教えて頂いた」「自分が話すことより、相手の話を聞くことが大切」 「講演終了後、ここちよい気分になりました」
【事務員・看護師】
子どもの力を引き出す小児看護の「技」あれこれ
〜横浜市立大学病院の小児看護専門看護師、佐藤奈々子さんの講演「たとえば採血については、子どもを[押さえる]ではなく[支える]、子どもがゆっくり目で追い楽しめるおもちゃを手作りして見せる、採血前には、コミュニケーションをとり、その子に出来ること(お母さんと一緒に座る、好きなおもちゃを選ぶ、数を数えるなど)をさぐる、などの工夫。子どもの発達段階に応じての判断や、確実な固定など、あらゆる技術を使って行う必要性を感じました」*ここで紹介された手作りおもちゃ「癒しのボトル」は当院でも作り、さっそく使っています。
【看護師】
トリアージ能力を磨く 〜第一印象による看護診断〜
長年小児救急の現場に携わり、現在は久留米市で開業されている武谷茂さんの実践プログラム
たくさんのスライドやビデオ、音声によるお話はわかりやすく、それを録画録音させて下さった患者さんに、みんなで感謝しつつ勉強しました。「外来に来た子どもの[顔]は、情報の発信源。元気、顔色、姿勢、歩き方、発疹、咳、・・・よく見て、よく聞いて、触れることにより、情報が得られると思う。またご家族の意見も大切で、[いつもと違う][ちょっとみてほしい]を無視すると見落とすことがある。また、輸液や注射は開始直後 10分の観察が特に重要で、事故、福反応が早期に発見できる。これらの観察・診断の大切さ を知り、実践、応用に活かしていきたい」
【看護師】
いまどきの子育て 〜子育て家庭の最前線から〜
3人の子育て 真っ最中の臨床心理士、関東学院大学助教授・大豆生田啓友さんのエピソード満載の講演。
「孤立し、話し相手がなく、子育てを取り巻く環境も変化し、事故や犯罪の心配も大きいなど、多くの問題を抱えており、様々な観点からの支援が求められている。私たち小児医療に関わる者ができることは何か、考えさせられた」「電話でいろいろな質問をしてくれる方、まわりに頼る人がいないことがわかる。親身に話を聞くこと、声をかけるなどしていきたい」「自分も子育て時代に周りの人にささえられたので、今度は何かしらできることをしたい」
【事務員・看護師】
【ご提案】
いかがでしょうか。今度の学会、または学会の地方会に「スタッフも 連れて行ってみようかな」と思っていただけましたか? スタッフを開催地まで連れて行く、特に泊まりがけで行くには経費が かかります。でも実際にスタッフを学会に参加させた先生からは、「お 金はかかったけど、スタッフの目の輝きが変わった」という話、「院長 先生、また学会に連れて行ってください」という声が出たという話を聞 いたこともあります。
特に年次集会が近くで開催される時が、スタッフを参加させるチャンス です。
2007年度は、熊本市での開催ですので、九州内の皆様にはチャンス到来 です。九州のほぼ真ん中にある熊本市。福岡・鹿児島両県からは列車で 約1時間。他の県からも高速道路網を使って参加すれば、そう遠 い所ではありません。今から夏の学会参加へのご準備を提案致します。  
もう一つは、スタッフの研修旅行や慰安旅行を兼ねて、学会に参加さ せては、という提案です。これらは、過去の学会でもよく実行されてい ます。

《来てハイよ! 熊本へ》
そして、来年の開催地熊本は、阿蘇・黒川や天草、人吉球磨など多くの 人気観光地を抱えた所です。学会の前後に時間を取り、この機会に訪れ てみてはいかがでしょう。各地の海の幸・山の幸に舌包みを打ち、温泉 で疲れを癒す。いまからさっそく計画を立てられてはどうでしょうか?
そんな時間的余裕が無いとおっしゃる皆様、学会参加だけでも学問以外 の「遊び」があります。25日(土)の懇親会は、「ビ アパーティ」です。軽食程度に抑えていますので、ご歓談後に皆さんそ ろって街に繰り出し、「馬刺・からしレンコン」に代表される郷土料理 や、天草の海の幸、阿蘇の山の幸を食べに行かれてください。また熊本 の中華料理は知られざる「郷土料理」です。某新聞社のアンケートで一 番をとった東京の中華レストランの本店は熊本にあります。これらの熊 本観光情報、美味しいもの情報などは第17回年次集会ホームペー ジに掲載されていますので、ご覧に戴きご活用ください。人数が多い施 設はあらかじめ予約がおすすめですので番号や場所も掲載しています。
今のうちに「遊びの事前研究」はいかがですか。

《地方会参加のお勧め》
それでも参加が難しければ、2006年春からは、九州でも地方会 「九州外来小児科学研究会」が開催されています。こちらに参加してみ ませんか? 基本的に12月に福岡市で、春には九州各県で 持ち回り開催予定です。次回は、2007年12月に福岡市で、 2008年春は鹿児島で開催の予定です。
また全国各地でも地方会が開催中です。お近くの会にご参加をお勧めし ます。

■ 日本外来小児科学会の地方会
  東北・東日本・東海・近畿・福岡・九州・外来小児科学研究会
Copyright 2006, SAGPJ Annual Meeting 2007, KUMAMOTO. All Rights Reserved.