2007.4.7-8 上天草市
<4月1日受付開始>
事務局
島田 等しまだ小児科
熊本県上天草市大矢野町登立191
FAX 0964-56-0115
年次集会の最後に、「外来小児科のこれから」と題してシンポジウムを企画しました。本年次集会は、臨床研究や診療活動が、個人あるいは小さなグループによる立案から始まり、しだいに大きなグループでの計画、実践、成果発表の過程を経て、継続的な研究や活動として、より大きな広がりを持って将来につなげられていくという、一連の流れを提示する意図をもって企画されています。
現在までに外来小児科の臨床研究や診療活動に注いできたエネルギーや情熱を、我々は今後、子どもたちや社会に対して、どのように活かしていくことができるでしょうか。本学会でリーダーとして活躍されている方々をシンポジストとして迎え、本学会の展望について討論する予定です。来る日本外来小児科学会20周年に向け、今後どのような活動が求められるかを熱く語って欲しいと考えています。
シンポ
ジウム
13:00〜15:00 演劇ホール
「外来小児科のこれから」 
【コーディネター】
横田俊一郎 理事 (神奈川県小田原市・横田小児科医院)
宮田 章子 理事 (東京都立川市・みやた 小児科)
関口進一郎 理事 (慶應義塾大学)
【シンポジスト】
五十嵐 正紘(五十嵐こどもクリニック・東京都)
江上 経誼  第5回年次集会会長(江上小児科・熊本市)
原 朋邦  第19回年次集会会長予定(はらこどもクリニック・埼玉県所沢市)
絹巻 宏  第15回年次集会会長(絹巻小児科クリニック・大阪府吹田市)
黒木 春郎 (外房こどもクリニック・千葉県いすみ市)
涌水 理恵(東京大学大学院医学系研究科・東京都)

【概要】
シンポジウムでは本学会の歴史を踏まえ、わが国における外来小児科学の課題や、本学会の今後の方向性について討論します。年次集会やワークショップはどうあるべきか。数多くの小児科関連学会のなかで日本外来小児科学会のアイデンティティをいかに確立していくか。今、十分に対応されていない子どもたちや家族の医療ニーズは何か。学会として今後どのような活動に取り組むべきか、本学会の将来像について考えます。
Copyright 2006, SAGPJ Annual Meeting 2007, KUMAMOTO. All Rights Reserved.